« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月25日 (火)

長野県で地震

 山登りをする私にとって、長野県は身近な場所です。

ちょうど私が山に登っていた8月に長野県知事選挙があり、阿部知事がほとんど無風状態で再選したばかりでした。阿部知事は、横浜の副市長だった人です。林市長になってから、辞任して知事選挙に出馬新当選しました。「良かったね~」と思っていたのですが
9月27日に御嶽山が噴火から間もない今、今度は白馬村で大地震だなんて、続けざまに大変な災難が長野県を襲ったことに驚きです。しかも、衆議院解散直後に!
 住宅の全壊 27 半壊 17 一部損壊 58 重症4人 軽症19人。年末近くなって、自宅を失った方々は本格的な冬に入リ、寒さの中で途方にくれていることと存じます。
 長野県では山裾にソーラーパネルを並べた発電所が目立ってきていました。多分電力の買い取り制度の影響も大きく受けていることでしょう。
 改善されない地球温暖化、終息しない原発事故、原発再稼働。なのに「経済一本やりな選挙の争点」でいいんだろうか地球が怒っているみたいと感じる方も多いと思います。
 

2014年11月18日 (火)

突然の総選挙の争点は 消費税ではない!!

突然、衆議院が解散される見通しになりました。理由は消費税を上げられないから~ということですが、今、消費税引き上げの先延ばしに反対する人は少ないと思います。

 本当に争点は、消費税で良いのでしょうか?私は71集団的自衛権の憲法解釈が閣議決定で変更されたことを忘れていません。武器輸出3原則の変更で、既に日本の武器輸出が始まっています。特定秘密保護法の制定でイラク戦争時に、日本が、米兵を輸送していた事実が国民に明らかにされるようなことは、今後、あり得なくなりました。そして、集団的自衛権の解釈変更で、自衛隊法も含め20近い法案が国会に提出されます。そして、イスラム国の問題を前に、日本の対応が迫られる状況もあります。安倍政権にお墨付きを与えてはいけません。

 日本は、首相の意見一つで変えられたのです。争点は、「憲法」です。私たちは、憲法を初めて意識しなければならなくなりました。そこで「立憲主義」の意味を初めて学びました。首相、大臣、内閣、公務員に対する絶対の縛りを反故にする政権を許すなら、国の暴走も許すことになりかねません。私たちが、今、「憲法」を争点にしていかなければ子どもたちに危険が及ぶのです!!

2014年11月17日 (月)

みんなDe祭り

 恒例の生活クラDscn1538ブ運動グループ開催の反町公園でのお祭りに参加しました。今年は、バザーと、未来塾のお茶の講師であります加山さんの協力で、野点をやりました。

Dscn1540
 紅葉を眺めながら、お天気にも恵まれて、なかなか良かったですよ~ベニヤさんのおまんじゅうも美味しくて、
 しかし、解散総選挙になるとは~今のうちにやってしまおうっていうのでしょうかね~

2014年11月 9日 (日)

神奈川区民音楽祭に行きました

  昨日から、音楽三昧の私ですが~まあいいかと友人に誘われて、神奈川公会堂で行われたアンサンブルコンサート(神奈川区民音楽祭)に出かけました。神奈川区内で活動する音楽団体の祭典。実は、その前のカメカメコンサートには、ピアノの連弾で参加したことがあるのです。あれからはや20年くらいですか、今回、ヴィオリラという楽器に初めて遭遇!面白い楽器ですね

  ザ、ヴォイシズに遭遇。オフコースに夢中になった方はビンと来ます。3人のボーカルユニットで、メンバーが順繰りピアノの弾き語りもするし、ギターも弾く、凄い!!たちまちファンになっッてしまいました。元は慶応大学にサークルということです。やっぱり~追っかけるようにお話しをさせていただきました。ちなみに、実は私は、早稲田のフォークソング部でした。あの、イルカや世紀魔Ⅱの。。。。です。私の実力に関係はありませんが、あらゆるジャンルの音楽を聴いてきました。今はクラシックピアノに落ち着いていますが。

NPO法人未来塾 でピアノを弾きました

Dscn1534  昨年に引き続き、アースプラザのリリスで歌と踊りの祭典が開催され、ピアノの演奏を披露しました。ドビッシーのアラベスクⅠ 出演者は95組に達し、盛況に終わりました。

 私にとっての文化祭、つかの間の別世界に浸りました!主催者の皆様、出演者の皆様 お疲れさまでした。

2014年11月 6日 (木)

労働者を無視した派遣法改正に反対

 ある男性が事務所に相談に訪れました。特殊職務について毎日勤務していますが「ボーナスもなく、休めば収入が減り、手元に残るのは平均して月10万円足らず。生活の為にした少額の借金返済に追われています。老いた母親のもとで暮らせてきたが、今後が心配。」ある女性は、「ずっと派遣で働いてきたけど、2年ごとに勤め先を変えなければならず疲れました。」

総務省の統計では、平成25年の労働者数5201万人のうち非正規雇用者数は1906万人で36.7%を占めます。非正規の増加の背景には、女性のパートの増加や高齢化もありますが、転職して再び正社員になれるのは4人に一人と言われています。特に若年層で不本意に非正規雇用に甘んじている人口が30%以上を占めていて、若者の貧困につながっています。

今、派遣法の改正が国会審議されますが、今回の改正では、これまでの専門業種に限らず全ての職種に最長3年までと上限が設けられますが、企業側は人を変えれば全ての職種で無期限に派遣労働者を使い続けられることになります。さらに、同一労働、同一賃金等の待遇改善は据え置かれたままです。その為、生涯派遣労働者が増え、非正規雇用が拡大すると危惧されています。

今回の法改正は、労働の質の向上や待遇改善を棚上げして国の経済成長戦略の為に、再び個人を犠牲にするものです。政治の目的はどれだけ多くの人に幸福感を与えられる社会をつくるであると思います。人を中心に据えた経済政策を打ち出すべきです。

2014年11月 4日 (火)

広島ショックは横浜市にもあてはまる!

~人口減少時代を視野に入れたコンパクトシティーへの転換~

 近年、山留めの技術が急速に進歩し、傾斜緑地が姿を消し、住宅開発がさかんに行われて来ました。皆さんも良くご存じのように、傾斜地に建つ住宅は横浜の景観でもあります。また、神奈川区も山坂が多い地形で、自転車を愛する私も最近は電動自転車を入手して、対応しています。

先日の台風の折、あの成田山で仮境内が土砂に押しつぶされ、修業曾が亡くなられたことは、TVでも報道され「こんな都会で」と驚きました。しかし、実は神奈川区菅田町でも土砂崩れが発生しています。近年の度が外れた大雨に、改めて我が町を点検する必要が出ています。

 横浜市の土砂災害危険区域も神奈川県が指定します。急速に人口が増加した横浜市も、市街地に急傾斜地を抱えています。市内で最も指定区域が多いのは戸塚区281,港北区221,保土ヶ谷区190.金沢区168,栄区156.神奈川区は103です。 

 今は人口減少時代、街の中心部が空洞化し駅前にマンション建設が進んでいます。市街地が広がれば緑地が減少し、バス路線も上下水道も必要になり、修理や維持費用もかさみます。けれども、開発事業は止まりません。これからを見据えて、横浜市もできるだけコンパクトにしていくべきです。

 広島市の災害時は、測定が完了し該当していながら、土砂災害警戒区域の住民説明や指定がされていませんでした。一番大事なのは命です。これ以上の市街化地域の拡大は止め、この際、危険個所を明らかにして速やかに防災対策を進めるべきです。

 

      

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »