« 惨敗 | トップページ | mouhitotuno iryou »

2015年7月25日 (土)

ネットワーク横浜・i神奈川を解散します

皆様、長い間のご支援、ご支持、本当にありがとうございました。「おだてりゃ豚も木に登る。」そんな風にして1995年からネットワーク運動のメンバーとして不断に活動してきました。

 選挙が終わってからも、「甘かった!!もっとできたんじゃないだろうか!」と街宣車に乗った夢を見ていました。湿疹に苦しむ中で、「これは私に無念を忘れさせるための神様の贈り物?!」と思い至りました。今回の選挙では、勝っても、負けても最後になるかと思い、昔からの方々にも一人でも多くお会いしたいと思って活動してきましたが、これまで、多くの人との出会い、私に語ってくださったそれぞれのご経験が、私を奮い立たせ、私の力になってきました。苦難に出会うたびに、新しい出会いがあり、深い絆に支えられてきました。

総会の準備も淡々とし、多くを語らずしてきましたが、こうして文章を書いている間に自然と涙があふれ出てきます。本当に私は、幸せで思い切り活動してこられました。皆様のおかげです。ありがとうございました。

 「藍より出でて藍より青く」が私のモットーでした。生協運動の代理人から、政治を身近なこととして大勢の個人がかかわり、政治権力を持つ。企業、団体ではなく自由な個人がしがらみなく参加できる。そういう場、緩やかなつながりが政治勢力になっていければ、民主主義も本物になるというのが私の理想でした。

このお手紙を手にした、皆様お一人おひとりの参加がその成果であり、証です。大勢の自由な個人が組織を造り、選挙にかかわり、そして多様なメディア時代の広報戦略を展開していくことが、リーダーとして、自分の性格としてでききれなかったのだと思います。

選挙後急に発症した顔じゅうの湿疹に引きこもっている間に、行政書士の資格を取った時にある総会で名刺をお渡しした元ネットの方からNPO法人設立の依頼を受けたり、成年後見を依頼されたりすると、やっぱり私は、また木に登るようで、化粧もできずに電車に乗り、開き直って勉強しながら仕事に打ち込んでいます。思わぬ処で鍼灸医にであったり、ローションをいただいたりで、病気がまた新しい人との出会いを造ってくれています。

 六角橋の事務所は、今後も私の行政書士事務所として維持していきます。電話番号も残します。今後も、形を変えて、学習会、講演会、落語会なども企画していきたいと思っています。政治団体ではなくなりますが、皆様の企画も寄せていただいて、有志の参加で、しなやかに時事問題にも触れて行きたいと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。事務所で仕事をすることも多くなっています。今までと同様にお気軽にお寄りください

« 惨敗 | トップページ | mouhitotuno iryou »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットワーク横浜・i神奈川を解散します:

« 惨敗 | トップページ | mouhitotuno iryou »